A02 探索:応用探索班

研究課題名

データ記述科学の社会応用分野への探索

概要

本領域の創出に向けて,応用探索班ではデータ記述科学の適用可能分野を広げるため,分野の垣根を超えて普遍的に適用できる,高次元データの「かたち」と「うごき」を可視化する記述子の開発に挑戦する.本申請では,科学技術を社会へ普及する上で重要な医療・経済・エネルギーからなる異なる応用分野を対象に,データ科学の問題として相互に関連し合う以下のテーマを実施する.
テーマ1:高次元医療データの VR による可視化(GDA)

テーマ2:TDA を用いた大規模経済ネットワークの解析とその応用(TDA)

テーマ3:地下資源開発のための地下構造推定と生産予測(PDA, TDA)
本研究により,それぞれの分野における革新的データ解析手法の提案,課題解決が実現する他,記述子の普遍性を追求することで,より広い学術・科学技術分野への適用も可能となり,データ記述科学の開拓と発展に力強く貢献することになる.

参加メンバー

研究代表者

鈴木杏奈(東北大学・流体科学研究所 准教授)

研究分担者

古徳純一(帝京大学・大学院医療技術学研究科 教授)

藤原義久(兵庫県立大学・大学院シミュレーション学研究科 教授)

研究協力者

青山秀明(理化学研究所・iTHEMS 客員主管研究員)

伊神満(イェール大学・経済学部 准教授)