A01 基盤:基礎研究班

研究課題名

データ記述科学創出に向けた数学的基盤構築

概要

本領域の全体目標であるデータ記述科学の創出に向けて,各種データを空間や図形のよう に「かたち」として認識し,さらにその中に時間やスケールなどのパラメータを導入しその 「うごき」を捉える数学的基盤の構築を目指す.取り組むテーマは以下の3つで与えられる.

 テーマ1:距離空間のユークリッド空間への埋め込みと最適輸送の研究(GDA)

 テーマ2:パーシステントホモロジーのマルチパラメータ化と時空間データ解析(TDA)

 テーマ3:確率場・確率過程の基礎研究とそのデータ解析への応用(PDA)

本研究テーマの推進により,数学としての基礎理論を深化させ,本領域で実施される応用研究に資する実用的データ記述子を開発することで,新たな学術領域の開拓とその発展に貢献する.

参加メンバー

研究代表者

白井朋之(九州大学・マス・フォア・インダストリ研究所 教授)

研究分担者

Escolar Emerson Gaw(神戸大学・大学院人間発達環境学研究科 助教)

本多正平(東北大学・大学院理学研究科 教授)

研究協力者

太田慎一(大阪大学・大学院理学研究科 教授)

香取眞理(中央大学・理工学部 教授)

熊谷隆(早稲田大学・理工学術院 教授)

高津飛鳥(東京都立大学・大学院理学研究科 准教授)

角田謙吉(大阪大学・大学院理学研究科 助教)